開催概要 OUTLINE

開催概要

新連携・地域資源活用・農商工連携の認定事業者などの販路開拓・拡大を支援することを目的に、UBMジャパン株式会社や地域活性化パートナーである繊研新聞社の協力により、IFF-MAGICに出展し、下記の特別プログラムを実施いたします。
これによりNIPPON MONO ICHブース出展社は、展示会出展と合わせ業界知識や販路開拓機会を得ることができます。

IFF-MAGIC概要

日時 平成29年4月26日(月)~28日(水)10時~18時  (最終日は17時まで)
場所 東京ビッグサイト西3ホール 「Made in Japan」ゾーン 4-301
アクセス 住所:東京都江東区有明3-11-1
最寄駅:りんかい線「国際展示場」駅、ゆりかもめ「国際展示場正門」駅
東京ビッグサイト
東京ビッグサイト館内案内
出展 地域資源活用事業の認定を受けた企業等11社
協力 繊研新聞社、NHNテコラス㈱(※)、エムクロスインターナショナル(※)、ジャパントラスト㈱(※)、特許庁(※)
※非地域活性化パートナー
入場料 無料(入場には登録が必要です)
共催UBM Japan株式会社
プログラム

会期中、NIPPON MONO ICHI 出展者には、地域活性化パートナー等との協力の上、NIPPON MONO ICHI主催で下記のプログラムを実施いたします。


1.出展者向け“朝活”セミナー

テーマ 越境ECの基本的な知識を身につけよう!
日時 2017年4月27日(木) 9時10分~9時40分
場所 中小機構ブース(西3ホール「Made in Japan」ゾーン 4-301)
講師 齋藤直(中小機構 販路開拓支援アドバイザー)
協力 繊研新聞社

2.虎ノ門サポート会議(合同プレゼン相談・商談会)

対象 NIPPON MONO ICHI ブース出展者8社
日時 2017年4月28日(金)13時30分~15時00分
場所 東京ビッグサイト5階 西3ホール 商談室
内容 アメリカ国内の市場動向やアメリカ向けの貿易に詳しい専門家、そして知的財産保護の専門家がアメリカ輸出に際して留意すべきポイントを含めて商品評価を行います。

3.商品評価

バイヤーや有識者がブースを回り、商品評価を実施します。事業全体が把握できるカルテで、市場性や課題を分析。バイヤーや有識者からアドバイスを受けたり、あらかじめ伝えておいた質問に対する回答を聞くことができます。

4.VMDチェック

展示ブースの装飾について機構の専門家からアドバイスを受けることができます。参加される方に提出いただいた展示プランや商品カルテ等を参考に、専門家が展示プランの改善等をおこない、出展の参考にしていただきます。

5.広報PR

中小機構のホームページへの掲載やパンフレットを作成してPRをおこないます。

参加者の声

参加者の声「いろんな意見を聞けたので良かったです。」

参加者の声「展示ブースが見やすく、お客様を誘導しやすかった。」

参加者の声「新規取引が見込めそうな来場者に出会えました。」

前回の開催概要
イベントトップに戻る