岩手県

東和食品株式会社

食品
乾物​
東和食品株式会社

花けずりこんぶ 20g

●北前船の時代からの伝統の出し昆布、北海道南かやべ産白口浜真昆布100%使用
●「かける真昆布だし」。うまみ・和食のだしを自然のままに、簡単に使える形にしました。
●創業者が、北海道ぎょれんグループでの経験から、「伝統の昆布のうまみを家庭料理に残したい」との熱意をもって「昆布のけずりぶし」を開発した。(第5回ものづくり日本大賞、農林水産省民間功績者表彰など受賞)
●これまでになかった、酢や調味液を使わないけずり昆布。昆布そのままのうまみを、かけるだけで簡単に使える。
●原料を限定し、出し昆布として優良なブランドである北海道南かやべ産白口浜真昆布のみを使用している。原料の供給については開発当初から産地漁協、生産者のバックアップを受けている。
●独自開発の昆布切削機はほかの追随を許さない精密さ。研究開発の結果、非常に効率の良いものに改良済み。

東和食品株式会社

【SDGsへの取り組み】
弊社は、漁業者(特に持続可能な栽培漁業)が収穫した昆布を、現代の消費者に使いやすい、価値ある形で届けることを目指しています。化学調味料の普及や多忙な生活で、乾物(昆布・鰹節・煮干し・干し椎茸)等を家庭で使える人が少なくなってしまっています。その結果、伝統ある産地の高級昆布も、板昆布のままでは、料亭やホテルレストランなどの一部の高級業務筋以外には流通・消費されにくくなりました。しかし他方で、化学調味料ばかりの生活を避けて、健康的でより良質な素材を求めたいという消費者のニーズがあります。

問題解決のポイントは、伝統の乾物を扱い慣れない一般家庭の方にも「簡単」にしかも昆布そのままのうまみを使えるような形にすることでした。北海道南かやべ地方(函館市)は伝統の産地であり、今でも優良な昆布を養殖する漁業者がたくさんいますが、温暖化の影響による水温の上昇で、天然真昆布が危機的な状況にあります。弊社の「かつおこんぶ」は、養殖・促成昆布を原料とし、産地の大切にしてきた伝統のうまみを食卓に価値ある形でお届けすることによって、漁業者に貢献できると考えております。

産地漁協では、北海道・南かやべ漁業協同組合、岩手県・田老町漁業協同組合の協力を得て原料供給を受けてきました。こうした商品作りは、全国の生協(コープデリ、コープきんき、東海コープ、東北サンネット、コープこうべなど)の組合員様にも支持され、ヒット商品になっています。「花けずりこんぶ」は、昆布をまるごと召し上がっていただくので、食品ロス軽減に寄与し、食塩の摂取を軽減、日本人に足りない食物繊維・ミネラルの継続的な補給など、健康的な食生活の一助にもなります。

花けずりこんぶ 20g.xlsx
真昆布焙煎粉末.xlsx
かつおこんぶ 26g.xlsx

企業DATA 東和食品株式会社

所在地

〒027-0096 宮古市崎鍬ヶ崎7-15-6

TEL

0193-63-5117

Email

info@hanakonbu.jp

URL

https://hanakonbu.shop-pro.jp/

来場者に
向けての
コメント

和食が世界遺産になるなどの脚光を浴びる反面、一般的な家庭での乾物の利用は減って来ました。しかし他方で、健康のために素材を大切にした商品を利用したいというシニア層、アレルゲンのないシンプルな食材を求める30代の子育て世代のお客様がいらっしゃいます。弊社は長年の産地漁協との関係から、昔ながらの昆布の不便な点を解消し、「かける真昆布だし」というコンセプトで、新しい真昆布の削りぶしを開発しました。これまでにも生協や高級スーパーで力強いリピート注文を獲得してきました。コロナ禍のおうち時間が増える中で、伝統食材や自然な素材に関心をお持ちになる方も増えているようです。そうした新しい生活様式での良質な食事・生産者の見える確かな食材のご提案にご活用ください。グロサリー売り場の他、水産売り場、麺類売り場にも。北海道フェアにもおすすめです。

お問い合わせ

「ヒットをねらえ!地域のおすすめ
セレクション2022」運営事務局

株式会社トーガシ内

TEL

03-5244-9934 受付時間: 9:30〜17:00

mail

hit2022@tohgashi.co.jp