岡山県

よしだほんてん

食品
水産加工品​
よしだほんてん

鮎の甘露煮

●~岩国土産老舗の味を全国へ~ 錦帯橋下、清流錦川の地下水で育った川魚への思い
山口県岩国市にある昭和27年創業の郷土料理店「よ志だ」の孫娘が、コロナ禍で観光客が減りお店自体の存続が危ぶまれていることに危機を感じ、創業者である亡き祖母の意思を引き継ぎオンラインショップを立ち上げた。
祖母が全国に足を運び作り上げ、人生をかけて守り抜いた「よ志だ」の味を…、そして私自身が幼い頃から慣れ親しんだ川魚を食す岩国の文化を世界に広めようと思った。
●若い世代、子どもたちへの企業の思い
自身の2人の幼い子供たちがおいしそうに食べているのを見て、よそのお子様にもおいしく召し上がっていただきたいと思ったことをきっかけに、小さなお子様を持つ世代たちの魚離れを変えていきたいと、
職人の技術を生かし「お子様でも安心して骨まで食べられる」「切り身ではなく姿煮である」ことで食育につなげたいと考えた。
●あえての養殖
鮎などの川魚に限らず、未だ天然思考の多い我が国だが、弊社はあえての養殖にこだわっている。
天然の川魚には寄生虫がいるのが当たり前で、川魚の刺身など食べられないが、それを知らない世代が多くなってきた。
弊社の川魚は、あえて養殖の魚にすることで実際に刺身でも提供しているほど、衛生管理の徹底された地下水で育った魚を使用しており、
寄生虫等の知らない世代の方や抵抗力の弱ったお年寄りにも安心して召し上がっていただける。
旬の一番おいしい時期の魚を年中キープし提供できるのも、あえて養殖にしている強みだと考えている。

よしだほんてん

【SDGsへの取り組み】
よしだほんてんでは、食の安心・安全の確保を第一とし、食文化への寄与も同時に追求し、小さなお子様からご高齢の方、食を愛するひとたちに向けて魅力的な商品の提供をめざしています。

目標2:飢餓をゼロに
すべてのお客様に安全で高品質な食品を提供しつづけられるよう取り組んでいます。養殖により生産性を向上させ、生産量を増やし、生態系を維持し、気候変動や極端な気象現象に左右されない飼育環境維持し、持続可能な食料生産システムを確保しています。
【目標9・目標15もこれに該当】

目標3
弊社の鮎の甘露煮と山女の七つ漬の新しい食べ方として、副菜や乳製品、果物などと一緒に調理して掲載することで、健康的な食事と言われる「栄養バランスの良い食事」を摂取することに繋がると考えます。
(onlineshiopやInstagram、商品裏QRコードでアレンジレシピを公開中)
頭から尻尾・骨まで食べられる食品であることで、将来的には満足度の高いスマイルケア食への提供も目指しています。

目標11
山口県岩国市は、錦帯橋下を流れる清流錦川のおかげで、古くから川魚を食す文化があり、そこに訪れる観光客にも提供してきました。しかし、徐々に減り続ける客足に、市民人口も減り続けているのが現状です。そこで川魚の食文化を世界に発信し、気軽に食してもらうことで、再び町を盛り上げ文化の継続を目指します。

目標12
よしだほんてんでは、梱包の際ビニール製のエアパッキンではなく、間伐材を加工した木製パッキンを緩衝材として利用しています。さらに、過剰包装は避け宅配の際はクラフト紙での簡易包装、再生可能な段ボールの利用、簡易包装であるというシールを貼付することで、ご購入者様にも環境保護のエコ活動にご協力いただいております。
贈答品の場合は、日本的美意識を取り入れたエコ包装にこだわっております。

目標4
「このお魚は、海にいるの?」代表澤田の娘5歳の素朴な疑問。そこから川のお魚も食べることができることや、きれいなお水がないと生きていられない魚がいること、「卵までいただくということ」を知ってもらうことの必要性を感じました。食を通して、未来の子供たちにも川魚や、それをたべる文化を知ってもらいたいと考えています。
切り身の魚しか知らない子供たちに向けて、丸ごと食べることで命の形を見てもらう、知ってもらう、それを大事にいただくことを企業として伝えていきたいと思います。
食育用に新メニューを開発し「はじめてのかわざかな」というコンセプトでの提供を予定しています。

鮎・山女の詰合わせ.xlsx
鮎の甘露煮(あゆのかんろに).xlsx
山女の七つ漬(やまめのななつづけ).xlsx

企業DATA よしだほんてん

所在地

〒709-3604 久米郡久米南町南庄1007-1

TEL

086-606-4774

Email

yoshidahonten20@gmail.com

URL

https://よしだほんてん.jp

来場者に
向けての
コメント

●特大サイズ(約130g)の子持ち鮎を、職人が70年継ぎ足しの秘伝のタレでじっくりと時間をかけて炊くことで、頭からしっぽまで食べることができる。
ぎっしりと詰まった卵にもしっかり味がしみ込んでいるにもかかわらず、目玉が落ちたり煮崩れすることなく美味しさをキープしたまま長時間常温保存が可能。
新鮮な山女をじっくりと素焼きし、酢・醤油・日本酒・みりん・砂糖・もみじ・大根おろしの7つの調味料を独自に配合した秘伝のタレにしっかりと漬け込むことで、頭からしっぽまで食べることができる。
ちょっぴりピリ辛ながら、深い味わいのある逸品。この味付けの山女商品は、他社にはないと自負している。
どちらの商品も食べ比べのできるセットとなっており、ちょっとした贈答品に人気である。
●現代に合ったおしゃれで映えるパッケージは若い世代にも手にっ取ってもらえるデザイン。贈答用にも相応しい高級感を演出。
日本の伝統である水引を自ら細工し、季節やご用途の合わせてセレクトしている。
●気軽にご家庭で召し上がっていただけるようアレンジレシピをQRコードを貼付し、お子様でも食べやすい調理例を公開。食育方面にも力を入れている。(Instagramでも掲載)

お問い合わせ

「ヒットをねらえ!地域のおすすめ
セレクション2022」運営事務局

株式会社トーガシ内

TEL

03-5244-9934 受付時間: 9:30〜17:00

mail

hit2022@tohgashi.co.jp